肌トラブルには原因がある

シミ・くすみ・クマができる原因

濁りのない肌って女性にとっては憧れですよね。
でもシミやくすみを一生懸命にコンシーラーで覆い隠したり、レーザーなどで人工的にとってしまうのってどうなんでしょう。
そんなことをしなくても、日々の意識でいくらでもきれいにすることができるのですよね。
シミ・くすみ・クマができるのには原因があります。
それを知らないではお手入れをしても効果は期待できません。


外でよく運動をするような人がシミをつくっているのなら、原因は紫外線の外因性のシミです。
思い当たる理由もないのに、突然頬の外側にシミが出てきたというのなら、内臓疾患の可能性もあります。
体の内側から発生する内因性のシミというわけですね。
内因性のものは内側からケアをする必要がありますし、外因性のものは外側からケアをする必要があります。
肌トラブルは、入ってきたところから出してあげるのがケアの基本になります。

シミができる仕組み

紫外線があたると、皮膚はメラニン色素を作って自らを防御しようとします。
このメラニン色素は、少しずつ肌の表面へと浮上して、通常は皮膚の新陳代謝によって剥がれおちるのですが、それがうまくいかないと肌の表面に残ってシミとなります。


日差しを浴びると、紫外線が肌表面に当たります。
そうすると、皮膚はメラニン色素を作って、自らを守ろうとします。
このメラニン色素が日焼けの原因なんですね。


メラニン色素は皮膚の新陳代謝によって肌表面から剥がれおちて、肌は元の色に戻ります。
皮膚の新陳代謝の周期は約28日。
でも新陳代謝がうまくいかないと、メラニン色素が色素沈着を起こして、シミとなってしまうのです。


地上に届く紫外線には、長派長紫外線と中派長紫外線があります。
長派長紫外線は真皮まで届いてシワやたるみの原因となります。
中派長紫外線は表皮に強く作用して、シミやそばかすの原因を作ります。
日焼け止めクリームのPA++は長派長紫外線、SPF30は中派長紫外線の防止効果の程度を示しています。

原因別のシミケア方法

◆ストレスから出るシミ・・・ストレスで肝機能が弱まったり、ホルモン分泌が少なくなると、頬骨から頬の中心にかけてと、額のあたりにシミが出来やすくなります。まずは心身を休めることが大事です。抗ストレス作用のあるビタミンCを含む、キウイやトマトなどを摂るようにします。

◆ホルモンバランスの乱れから出るシミ・・・女性ホルモンの働きが衰えてくると、眉の上あたりにシミが出やすくなります。目の周りの黒ずみは、子宮系の弱まりが原因のこともあります。ホルモンバランスを整えるナッツ類や、イソフラボンを含む豆腐や納豆などを摂るようにします。

◆内臓のトラブルから出るシミ・・・肝機能が弱まると眉間のあたりに、腎機能が弱まると頬の外側にシミが出やすくなります。肝臓を強化するならタウリンを含むイカやたこを積極的に摂るようにします。鼻筋のシミは宿便が問題かもしれません。

◆自律神経の乱れから出るシミ・・・口の周りのシミは、自律神経によるものが多いようです。ビタミンB12を含むあさりやしじみ、さんま、牡蠣などは乱れた自律神経を回復させてくれるので、積極的にとるようにします。

シミに効果的なお手入れ方法

肌の表面に近い部分にできる薄い色のシミは、美肌2段パックで対処します。
ローションパックで肌表面を整えた後に、美肌パックをして表面の色素を吸い上げます。
美肌パックはシミの箇所に部分づけして、その上からラップで覆うと効果が高まります。


年季が入っている濃いシミは、あきらめずに根気よくケアをしなければいけません。
薄いシミのお手入れ方法に、ビタミンCパックを加えます。
水で湿らせたカット綿にビタミンC誘導体入りの美容液を含ませて、シミの部分に直接貼り付けて色素をキャッチします。
その上からラップで覆うと効果が高まります。

くすみとクマの効果的なケア

塩分の取り過ぎや、喫煙や睡眠不足などが、くすみやクマの主な原因です。
まずはその原因を取り除くことから始めましょう。
体質的なものもあるので、化粧品では解決しづらかったりします。
特に目の下のクマは肝臓のトラブルなどからくることもあるので、顔全体がどす黒い場合は、肝機能の問題も考えられます。


でも病気でなければ、今よりも状態をよくすることができます。
色素沈着を起こさないように、クレンジングを完璧にしたり、顔剃りやティッシュオフなど、肌に刺激を与えることは避けなければいけません。
血液とリンパの流れをよくすることで顔色は明るくなります。
お風呂の中やテレビを見ながらでもいいので、こまめにリンパマッサージをすると効果的です。

ニキビ・吹き出物ができる原因

ニキビや吹き出物もシミと同じように、その原因を突き止めることで効果的なお手入れができるようになります。
とにかく痕を残さないように処理をすることが大事です。
ニキビや吹き出物も、からだの内側からくる内因性のものと、外部からの刺激による外因性のものがあります。
内因性のものは、ストレスや内臓のトラブル、自律神経の乱れ、運動不足や睡眠不足などが原因となります。
外因性のものは、顔の洗い過ぎや角質の肥厚などが考えら得ます。


必要以上に顔を洗い過ぎると、肌がガード機能をなくして吹き出物が出来やすくなるのです。
肌表面に古い角質が溜っていると、皮膚の自浄作用が不十分となります。
ふだんから表皮の水分と油分のバランスを整えるようにしなければいけません。


肌は表皮、真皮、皮下組織の3層あって、新陳代謝のよい肌は、古い細胞が表皮からアカやフケとなって自然と剥がれおちます。
でも代謝が鈍くなって角質層が厚くなると、毛穴がふさがることになります。
毛穴にある皮脂腺から皮脂が分泌されて、肌表面を弱酸性にして、雑菌の繁殖を防いだり肌を保湿したりします。
でも毛穴がふさがると、皮脂が皮脂腺に留まってニキビとなるのです。


毛穴が閉じた状態で皮脂が詰まると白ニキビ、毛穴が開いて皮脂と古い角質が混ざって汚れが詰まると黒ニキビとなるのです。

ニキビや吹き出物に効果的な食べ物

◆ストレスから出るニキビや吹き出物・・・額の上部に出るニキビや吹き出物は、ストレスで消化機能が十分に働いていないことが原因です。気分転換になる趣味をもったり、ストレスをためない工夫が必要です。食べ物は牛乳やヨーグルト、小魚など、イライラを抑えるカルシウムを多く含んだ食材がおススメです。

◆内臓のトラブルからくるニキビや吹き出物・・・胃腸が弱っている時は、口の周りに気に美や吹き出物が出やすくなります。頬の中に出来る時は、肝機能のトラブルのことがおおいです。消化のよい豆腐やヨーグルトがおススメで、お酒やたばこは控えるようにします。

◆コレステロール系のニキビや吹き出物・・・筋肉を使わないで神経を使う仕事の人、デスクワーク中心で運動不足の人は、過剰なコレステロールでニキビや出やすくなります。きのこ類、海藻類は、コレステロールの排泄におススメです。

◆自律神経の乱れからくるニキビや吹き出物・・・自律神経のバランスが崩れると、顎の中心や量サイドににニキビや吹き出物ができやすくなります。ビタミンB6を含んでまぐろはおススメです。

ニキビや吹き出物のお手入れ方法

できてしまったニキビは、痕残さないようにケアをします。
アルコール入りの化粧水で炎症を起こしている部分を殺菌消毒して、指先でニキビの周りの筋肉をつまみます。
ニキビの芯を肌表面に出すかリンパに流し込みます。
芯を出したら美白パックで色素沈着を防ぎます。


リンパマッサージやスクラブ洗顔による角質ケアは、ニキビや吹き出物の予防にとても効果的です。
皮脂過多によるニキビは、ローションパックで水分を補給するのが効果的です。

シワ・たるみケア

大ジワは、目元や口元、額や眉間にくっきりとできる深いシワです。
小ジワは、その他の部分の細かいシワです。
筋肉のクセから生まれる大ジワは肌の深いところ、乾燥が原因となる小ジワは肌の浅いところが発生源となります。
大ジワは日々の表情によってつくられることが多いです。
自分のじわが深部で起きているのか、浅いものなのかを見極めることが大切です。


年齢を重ねると腕や脚の筋肉が落ちるのと同じように、顔の筋肉も衰えてきます。
そうなれば顔全体が下がってきます。
このたるみが始めると、筋肉と連動して皮膚も下がってくるので、襞になった部分が自然とシワになります。


水分不足による小ジワは、ローションパックや美肌パックなどの表皮ケアをして、指先でシワを開いて合いクリ―ムをたたき込むようにお手入れをします。
筋肉のクセによる大ジワは、筋肉に働きかけるマッサージが効果的です。
ウォーターマッサージで眠っている筋肉を揺り動かすと効果的です。
できてしまったシワは、ほぐして伸ばしてあげればいいのですね。


肌はほおっておくと怠けてしまうもの。
いるまでも若々しい状態でいるためには、気がついた時にちょっとしたストレッチをするといいです。
目元、口元など、シワになりやすい部分を中心に、皮膚を解してリセットします。